×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN


浦和レッズLINK集

浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ Urawa Red Diamonds)は、日本の埼玉県さいたま市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は「浦和レッズ」。 選手についてはCategory:浦和レッドダイヤモンズの選手・浦和レッドダイヤモンズの選手一覧を、また女子については浦和レッドダイヤモンズ・レディース(日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)加盟)を参照。




Jリーグ発足時より参加している10クラブの1つ(オリジナル10)。ホームタウンは埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002および駒場スタジアム、練習グラウンドは大原サッカー場が使用されている。Jリーグ開幕時から熱烈なサポーターの支持を受けるチームで、後述するようにJリーグではトップクラスの観客動員と営業収入を誇る。かつては人気に成績が伴わず、1999年にはJ2降格という屈辱を味わった事もあるが、21世紀に入ってからは潤沢な資金力を活かして戦力や環境の整備を図った。 近年は、その人気や営業力を見習おうと外国のサッカークラブ(ソウルFCなど)や野球(巨人、千葉ロッテなど)など他スポーツの球団からも視察が訪れるほど、その地元密着を礎とした経営方針はプロスポーツ経営の成功モデルとなっている。

熱狂的ファンが多いとされる理由には諸説あるが、元来浦和市がサッカーの街として知られていた事も起因する。過去には全国高等学校サッカー選手権大会だけでも埼玉県師範学校が1度、県立浦和高校が3度、市立浦和高校が4度、浦和西高校が1度、浦和南高校が3度と、合計12回の全国制覇を遂げている[1]。しかし、1980年代からは優勝はおろか県代表として全国大会出場を逃すことも多く、アマチュアの低迷が逆にプロサッカークラブの待望論や熱狂的なファンの獲得にも繋がったといわれる。 その他の理由として、埼玉県はJリーグ発足時にも多くの人口(約600万人以上)を抱えていたが、当時の県内のプロスポーツ事情は県南西部の所沢市に西武ライオンズがあるものの、必ずしも県全体から支持を得ているチームとは言いがたい状況が挙げられる[2]。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2009 浦和レッズLINK集 All Rights Reserved.